HOME >プロフェッショナル スタッフ

プロフェッショナルスタッフ

中村浩子
大学在学中より、光文社「JJ」において、ファッション・ライフスタイル担当の特派記者となる。その後、小学館「CanCam」を経て、光文社「VERY」「姉VERY」「STORY」の創刊記者を務め、オシャレな情報を持った女性を取材し続けながら、そのライフスタイルから生まれるリアルトレンドを発信。㈱セブン&アイ出版のスーパーバイザー就任を経て、現在は、読者モデル1万人発掘の実績を可能にした「取材する力」を活かして、女性の本音を引き出し、女性に特化したファッション、ビューティから飲食他、様々な分野で、幅広い商品開発、サービスの提供、インターネットメディアの企画・開発も行う。
趣味は世代を越えた女性取材。一生、女性を取材し続けたいと願う「女心」研究家。

相沢正人
1980年(株)光文社入社。女性ファッション誌JJで、ファッション、音楽、インタビューなどを担当。様々な女子大生ファッションの流行を創りだし「茶髪」を世に送り出す。1995年30代女性のファッション誌VERY創刊。「シロガネーゼ」ブームを起こす。2002年VERY編集長就任。2004年(株)光文社を退社、VENUSPROJECTに合流。セブン&アイ出版コンサル、サンケイリビング社のセレブ向けフリーペーパー「L-CLASS」などの紙媒体を手がける傍ら、女性向け商材のプランニング、ブランディング、ネ―ミングをも担当。TVでは各局ワイドショーのコメンテーターの他雑誌とのメディアミックスを「VERY TV」(BS-i)で実現(企画、出演)。またインフォマーシャルTVドラマ「ずっとずっと愛してた」原作、監督。トークライブFBI(Fashion Beauty Intelligence)を主宰するなど、リアルな女性マーケットを知り尽くしたからこその活動を多方面に渡って続けている。

松尾大
大学卒業とともに京阪神エルマガジン社に入社。「Meets Regional」編集室に配属され、主にグルメ、ファッションやクルマを担当。またコラムは門上武司氏や木村祐一氏の担当となる。2000年からは副編集長。 2004年に同社を退社。企画会社で三菱地所での店舗リーシング、サントリー「サントリークォータリー」編集、Cu-calなど食イベントに従事した後、新潮社「ENGINE」編集部へ。クルマ、ハイファッションを担当。その後、キッズハイファッション誌「m/f and you」へ移籍し編集責任者、webマガジン「OPENERS」コントリビューティングエディターを経て現職。
「賛否両論」店主・笠原将弘著「コツまみ」、竹内結子著「たけうちマルシェ」の編集や2010年大阪・北新地に開店した「北新地農園」プロデュース、日本最大級の自然派ワインの祭典「festivin」のプロデュースを手がけ、2012年には新宿伊勢丹地下2階に開店したワインショップ「festivin」の運営に携わる。

山上義典
国内大手コンサルティング会社をへて現職。通販コンサルタントとして、通販業態開発及び販促支援にて実績多数。様々な業種業態に対応。

上席顧問

小林正人
サンケイリビング新聞社 通販統括責任者
株式会社グランマルシェ〈㈱東京放送(TBS)グループ〉 元常務 広告代理店を経て、1987年株式会社グランマルシェを設立。テレビ通販のビジネスモデルを構築したパイオニアの一人。現場主義をモットーに人材育成を徹底し、「小林チルドレン」は各局に点在している。また、全国の地産品メーカーに「小林信者」が多数いる。食品メーカー、化粧品、バッグメーカー、寝具メーカーなど顧問先の業種は多岐にわたる。
小林正人
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役
昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。_その後、年間200本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。


ページトップ